本文へ移動

お知らせ

イベント情報

タカヤマホームはこんな会社です!

私たちタカヤマホームは八戸地域で頑丈・省エネルギーで足元から暖かい自然素材を使用した健康住宅を
約45年間つくってきました。
ずっと続く家族の健康と住宅性能は世代を超えた真の幸せをもたらします。

「自分たちのこだわり設計で建てたい」と願うお客様の思いをしっかり受け止めて、時代と技術の変革に挑戦しながら
建築に“熱い”スタッフと熟練の自社職人が一棟一棟愛情を込めてお造りしています。

お引き渡し後のフォローは半年後~10年まで定期的に行っており
お施主様から信頼と安心感をいただいております。
定期点検以外でも困ったときにはすぐに駆けつけてお客様の笑顔を見ることにやり甲斐を感じております。

八戸の風土や人柄が大好きな社員が集まる地域密着型工務店のタカヤマホームで、
八戸で一番暖かい家・一生の思い出に残る家づくりをしたい方、お待ちしています。






こだわりは硬質ウレタンパネルのFPの家

FPの家
「FP工法」が、これまでの軸組工法を大きく進化させます。
その最大の特性は、硬質ウレタンと木枠パネルを一体成型した「ウレタン断熱パネル」にあります。

柱と梁の外壁面・床面に「ウレタン断熱パネル」を組み込むことで
軸組の長所を生かしながら、頑丈な構造と優れた基本性能を引き出しました。
このため一般の工法よりさらに強い剛性を備えた建物が出来上がります。

力学的強度を比較すると、一般的な軸組工法を表す壁倍率は2.0であるのに対し、
FP軸組工法の壁倍率は3.4。すなわち1.7倍の壁組強度を誇っています。
このようにFP軸組工法の筋交い付きパネルは、構造体を担う耐力壁としての強さが認められ、
国土交通省の大臣認定を取得しています。
 
また、開口部となる窓には樹脂サッシトリプルガラス、玄関ドアにはハイクラスの熱仕様の玄関ドアを使用し、
換気計画をしっかり検討した24時間換気システムを標準装備することが基本仕様となります。
 
これらの建材と熟練の匠の技術でさらに気密性の高い施工が可能となりZEH以上の国際基準ともいえるHEAT20 G!クラスとなります。さらに外側に付加断熱することでHEAT20 G2~G3(断熱等級6・7)まで対応することが可能となります。同程度の性能にするためにグラスウールの断熱材を使用した場合は壁厚にとられ実際に生活で使用する空間分にロスが生じることになります。
※付加断熱はメリットだけでなくデメリットも確認してください。

SNS

タカヤマホームのお客様の声

2018.3月お引渡しKY様&KT様
2018.7月お引渡しKT様&KA様
2018.8月お引渡しKS様&KA様

1.新築 2.リフォーム 3.外構工事 4.断熱/耐震改修 5.店舗改装 6.火災保険代理店 7.宅地建物取引業


●一般建設業許可 青森県知事許可 (般-3)第8492号 種類:土木工事業、建築工事業、大工工事業
●建築士事務所登録 青森県知事登第 1737号 種別:一級建築士事務所 
名称:リッツ建築オフィス

●宅地建物取引業登録 青森県知事(1)第3579号
●住宅瑕疵担保責任保険届出事業者 
㈱ハウスジーメンMB2008000550 ㈶住宅保証機構21020591

2
1
5
8
9
7
TOPへ戻る