本文へ移動

T’sブログ

こちらでは、私たちの会社のようすをスタッフがご紹介しています。お気軽にご覧ください。

ブログ〜スタッフがお届けします。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

完成じゃないのに、もう「ルン♬」

2017-09-30
おはようございます。
来週末の現場に朝から行ってきましたが、予想以上に「キャー」な状態で早くお見せしたくてウズウズしています。
朝からテンションが高くなりますね~。
 
でも、まだ照明器具もついてないし、床材も途中で養生もしてあるし・・・という状態。
 
い~な~、こんな素敵なおうちに毎日住めるなんて。
お施主の奥様もとても楽しみにしていらっしゃって、ここからは完成まで「がまん、がまん」をしているそうです。
 
1階は長く使えるナチュラル感です。かわいいというより「ちょこっとおしゃれ~」。ここのズレ感がかっこいい。すごくおしゃれ~じゃないところ。でもオシャレ
わー、なんだかくどくなってる。
 
2階は、社会人の3人のお子さんたちがそれぞれに選んだ床や建具の色に合わせてアクセントクロスがさらに個性溢れる空間をかもしだしています。
 
まずは、完成見学会で実際に見ていただきたいです。
昨日から予約が入っております。特に日曜日は希望が多いためご希望の時間が取れにくくなっております。
お早めにご予約下さい。
 
3日間とも時間設定は同じです。
10:00~、13:00~、
14:30~、16:00~、
17:30~
です。
 
 instagram 「#タカヤマホーム」も覗いてみてね
 
 

「予約制の見学会」って、少し悩みますが価値があります

2017-09-28
写真は、今回の見学会場ではございませんが、イメージは近いです。
 
 
こんにちは。
 
完成見学会のイベント予告をしているお宅は、内装工事が盛んに行われています。
内装の打ち合わせをするのは主に私なのですが、クロスやカーテン、クッションフロアの数点をお部屋ごとにサンプルを準備して提案します。その中から選ぶお客様もいらっしゃいますし、やはりカタログを見て選びたいという方もいらっしゃいます。
最終的にお客様の家なので、満足してしていただくことを前提としております。が、面積が大きいので普通の洋服や小物を選ぶ時とは感覚が異なります。その点ではアドバイスさせていただきます。
 
今回のお宅も、とてもいい感じに仕上がってきています。早く床の養生を取って、きれいにお掃除して「見たい!」という思いが早まります。劇的瞬間が近づいています。ウキウキしますね~。
 
お施主様はもっとこの日をず~と待ち望んでいます。
とても大きな価値のある時です。
そこを数日お借りするわけです。
 
私たちは、素敵に仕上がったおうちをたくさんの方に見て頂きたいのが本音です。でも、一度に4組~5組と重なってしまい、伝えたいことや来場されたお客様が感じている貴重な意見を聞けなくなってしまうことがとても残念となります。
やはり完成したおうちはわが子と同じで大事です。
万が一にも対応できるように、予約制とさせていただいています。
 
このように、来場されて契約されたお客様は「自分たちもいろいろと見せていただいたので、どうぞ」と了解していただけるのです。
 
家づくりを始める時の会社選びをする時に、「今見ることができるおうちはありますか?」とよく聞かれます。私たちは特別な常設展示場を持っていません。一般的な予算で建てられる現実的な建物じゃないと会社を選ぶ際の参考になりませんよね。
 
そういう思いもあって、建てていただいたお客様にお願いしてお借りしています。次のお客様に弊社の建物を見て頂いて、施主様と私たちの「暮らし」への想いを皆様にお伝えしたいと思います。
 
これから永く住み続ける家に、誰がどんな風に見ていったのか分からないから不安、ということがないようにしています。
 
 
でも、結局予約制だと今後、営業攻撃が怖いと思うかもしれません。
私たちはハウスメーカーのように営業マンはいません。お給料が歩合制ということもありませんので、お客様のお話を聞いて関心を持っていただけたら次のコンタクトを適度な距離感をもって取るように心がけています。営業ベタ?商売っ気ない?と思われるかもしれませんね(笑)
 
大きな会社じゃないので、年間の施工棟数が限られます。断熱・気密を大事にしていますので手間を省くわけにはいかないのです。そして弊社の施工を熟知している職人が携わります。
 
弊社の家づくりのコンセプトに共感して、一緒に楽しみながら「家づくり」ができるお客様との出会いを期待しています。
 
お電話が苦手なお客様に「予約フォーム」も準備しております。
どうぞ、そちらもご利用下さい。
 
ご来場をお待ちしておりますsmiley
 
 
 instagram 「#タカヤマホーム」も覗いてみてね
 
 


 

最近増えてきたこんな女子

2017-09-27
みなさん、ご無沙汰しておりました。
 
いつも忙しいと言い訳をしてしまっていますがホントにすみません。
でも沢山のお仕事させてもらって、揉まれながら成長をしているようです。(じゃなきゃ困りますね(笑))
 
春から気づきいてきたこと。
結構増えてきたな~と感じること。
それは、奥様達が性能重視に目覚めてきていること!
 
タカヤマホームとしてはすごく嬉しい。
りつぴー的には超うれしい。
つまり、うちのコンセプトを求めている女子が近くにいるということで、すごく応援したくなるし、一緒に頑張ったり楽しんだりしたくなる。
 
今までの傾向はご主人が「性能!構造!」
奥様が「家事動線!」「インテリア!」
というパターンが多く間取りと予算が合えば、どちらもマッチする弊社でご契約いただける感じです。
 
ここ数年、リケジョ、ドボジョ、などの言葉が増えているように左脳も使える女子が職業として増えてきている。建築や住宅に関係する女子も左脳で入って右脳で着地できる子がいい感じ。だから、お勉強だけじゃなく、感性も刺激や新しい風を入れておかなきゃいけない。
 
女子脳ってすごいな~って思う。やはり生物学的に子供を育てるための洞察力や観察力が備わっているってこともあるけど経験から先を読む力があって、それがオリジナルに間取りに活かせたりする。
 
これを発揮するのは契約後だったりするんだけど、どんどん冴えてきて「すごーい、よく考えてる~」って感心するお客様に出会える時がある。
 
話を戻すと、損をしたくなければ、失敗したくなければ、構造と性能のポイントきちんと押えよう!
構造と性能は「家の要」だから、住宅ローンが終わらないうちに寒さに我慢できずに断熱改修やリフォームの頻度が多くなったりしないような作りをすることが大事なのです。
 
 
 instagram 「#タカヤマホーム」も覗いてみてね
 
 

今週の「有吉ゼミ」の”ヒロミ自宅を作る”

2017-09-08
おはようございます!
清々しい天気です。秋晴れですね。
息子は秋の草野アレルギーでティッシュが手離せなくなってます。
杉花粉とは別の時期なので味方が少ないようです。
 
さて今週放送された「有吉ゼミ」の”ヒロミ自宅を作る”のコーナーの第3弾でした。築31年の目黒の豪邸をフルリフォーム!経年劣化が目立ってきた自宅をこのタイミングで一生暮らせる家にする手順が紹介されました。
 
もともと綺麗な豪邸でしたが31年の経年劣化で壁をはがすとグラスウールの裏にはかなりの黒カビ。ここで、再度グラスウールを入れてしまっては意味がなくなりますよね。専門家に技術指導や最新の建築事情を教えてもらっているわけですから秘密兵器のアレを出してきましたね。
「発泡ウレタン」、吹き付けて30秒ほどで発泡スチロールのように固まっていきます。従来の綿状の断熱材では壁の間に隙間が出来てしまい、そこから水が染み込みカビが生えてしまう原因となっていました。この発泡ウレタンであれば壁との間に隙間ができないのでカビを防ぐ事が出来ます。
弊社でも標準仕様で使用しています。
一般住宅ではグラスウールは使用していませんので、グラスウールご希望のお客様はしっかり説明させていただきます。
 
仕上がりのイメージはグランドハイアット東京だそうです。内装の仕上がりはシンプルでもきらびやかなヨーロピアンでも、大事なのは30年経っても隙間のない、カビの生えない家なんです。
 
 
 instagram 「#タカヤマホーム」も覗いてみてね
 
 
 
 
左がグラスウール、右が発泡ウレタン 
壁の角にぴったり密着している発泡ウレタンとは違いグラスウールは中身も周囲も隙間だらけ

FPの家 構造見学会 好評にて終了

2017-09-04
先週末の2日、3日の土日で市川町のFP工法の現場で構造見学会を行いました。
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。
 
今回、ご来場できなかった方には今後もFP工法の建築予定が続きますので一言、見てみたいです!と声をかけて下さいね。
 
さて、今回はFPパネルは全体的に設置されてその上から耐火ボードが張られている部分と、まだFPパネルが見えている部分が混在していました。また、換気のダクトや配管、電気配線も見ることができました。外壁の張り方やFPパネルと外壁材の間はどうなっているの?という質問にも実際見て納得していただけました。
 
こちらのK様邸ではFPならではのクルム一部屋まるまる保冷室:5℃~15℃)も設置されております。こちらでは1畳ほどの広さです。完成見学会でも貴重な見どころとなっておりますので、楽しみにしていて下さいね。
 
 instagram 「#タカヤマホーム」も覗いてみてね
 
 
 
 
 
FPの家のこと、長期優良住宅のこと、家づくりのこと、なんでも気軽に質問していただけます。
FPの家のことが超わかる動画の視聴コーナーや吹き付けウレタン断熱のイメージを体験!
高性能な断熱材を使用するだけではだめ!気密にもこだわり手間を惜しまない自社職人がいる工務店。
おせち、クリスマス、パーティー料理など皿ごと鍋ごと入っちゃう。箱ビールや日本酒、お米、野菜も。

今朝の反応

2017-08-29
今朝はJアラートの前に起きていた方はたくさんいらっしゃると思いますが、我が家の住人たちはこの音で目が覚めました。
子供たちは布団から出てくることはなく、何をしたらいいかわからない私はカーテンは閉めておいたほうがいいかな、長袖長ズボン着用だよね、とウロウロしてテレビの前でコーヒーを飲み始めて。
結局何をしたらいいのかわからないですよね。みなさんはどうでしたでしょうか。あと、24時間換気・換気扇も止めたほうがいいみたいです。毒性のガスや放射能が飛散する恐れがあるので。
日本上空を通過・・・北海道かな青森かな。青森だったらどこの上空だろう。低い雲だったしどうせみえないけどね。
 
もしも、何か落ちてきたらFPの家は他の家と違ってどのように私たちを守ることができるんだろう・・・。
直撃の場合は厳しいとして爆風の被害という観点から。一般木造住宅であれば、FPの家がダメであれば普通のおうちは鼻っからダメでしょうね。やはり30tの圧力をかけた硬質ウレタンパネルが家族を守ってくれる!と信じてみる。絶対じゃないけど。
硬質ウレタンは火にも強い。壁は三陸海岸の津波被害にも耐えられる強度だった。だから、やっぱり安心して信用できる家なんだな。
 
あくまでも、いざというときの想像の話であり、早く穏やかな話題が続く東アジア情勢になって欲しいものです。
 
 instagram 「#タカヤマホーム」も覗いてみてね
 
 
 
 
 
トイレでのアクセントタイル使用
奥様用ニッチにアクセントタイル使用

8月は疾風のごとく

2017-08-27
こんにちは。
気づけば・・・8月のブログ更新が初めてということに気づいて焦りました。お盆前は横浜・東京・仙台と忙しいスケジュールで動き、多少なりとも今のトレンドを肌で感じて来ました。これをお仕事に活かす予定ですぞ(笑)気合十分です!
 
お盆中は13日に悲劇の左足首捻挫で異常に腫れあがり、早く病院に行きたいな~と首を長くして待っていたと同時に仕事も開始で、なんかゆっくり休めませんでした。後の検査で骨折はしていないとのことで2~3週間は固定で様子を見て下さい、との診断でした。
でも家族で過ごせたのは幸せかな。
足を怪我してもいつものようにお腹は減るし、美味しいものも食べたくなる。負傷者は料理ができず、外食が多かった(ラッキー)
でもお財布の中はさすがに軽くなりました。
 
さて、来月はFPの家の構造見学会とYS吉田産業のショールームで開催されるイベントがあります。ショール―ムのイベントのご案内はOB様にも送りますので、リフォームの参考に遊びに行ってくださいね。おふるまいで軽食があります。お子様の縁日コーナーも見どころです。雑貨の割引セールもありますのでぜひご家族で足を運んでいただきたいですね。
 
 
      instagram 「#タカヤマホーム」も覗いてみてね
 

いいものを作る会社

2017-07-31
こんにちは。
 
昨日までのイベントも終わり、今日は後片付けをしながらほっと一息という感じです。
でも、仕事が溜まっているんだな。
 
やはりリフレッシュをしてこそいい仕事ができるんだ!
今日は早く帰ろう。三社大祭も今日から始まるし。でも街に出かけるパワーはないよ~。
今年は浴衣着てお祭り・・・はできそうもないか。でも、あきらめずにチャンスを狙ってみる。
 
 
さて、2日間の完成見学会、来ていただいたお客様には感謝申し上げます。
おいらせ町とはいえ、ほぼ三沢市。10分くらいあれば六戸にも行けちゃう場所でした。
 
今回は床や建具が濃い色だったのでだいぶ大人っぽい雰囲気になりました。これまでのcasa de oliveはナチュラルで明るい雰囲気でしたのでブルーとダークブラウンの組み合わせが見せるオシャレ感に「とても参考になりました」「自分たちの内装を考えるのも楽しみになりました」とお話が聞けました。
 
いざ、自分たちでうまく組み合わせられるかな?と不安に感じるとことが多いと思います。ご提案したサンプルからも選べますし、一緒にお探ししたりもできます。私たちはお客様にオリジナル感、自分らしさを入れ込んだ家づくりをして一緒に目指しています。
もちろん、「!?!」というときはアドバイスもさせていただきます。
 
今回の新規のお客様は高性能住宅、特にFP工法に関心を持たれたお客様が3組いらっしゃいました。とても嬉しいですね。
 
やはり、他の会社ではできない家づくりをウリにしていますので、私たちのコンセプトに近い家づくりを願っている方々のお手伝いを
ぜひさせていただきたいと思います。
 
いいものは自信をもっておすすめできるます。少し高いかもしれませんがサラリーマンの方でもちょっと努力すれば手の届く範囲です。工夫を考えながら検討していただきたいと思います。
いいものは家主様も自信を持った生活ができます。
不景気でもいい家を建てたいというお客様は必ずいます。
「いいものを作る」信念を持った会社はどんな時代にも淘汰されません(と思っています)。
 
現在、FPの家で考えられているお客様は「いい家が欲しい」と思われて、弊社にたどり着いた方々です。
 
例えばケースによりますが1.5~2坪減らすとFP工法ができます。その収納、本当に必要ですか?いらないものが10年も入っていませんか?廊下を減らしてみたり・・・ランニングコストも節約できて暖かい家づくりには一石二鳥ですね。
 
確かに満足した間取りは大切です。その中で妥協できる箇所も検討してみましょう。
 
ご予算に不安がある場合は、どのくらいの坪数の家が建てられるのか、どのくらいの部屋数があるのかぜひ相談に来てください。
 
 
 
 
      instagram 「#タカヤマホーム」も覗いてみてね
 

シート式床暖の魅力

2017-07-24
こんにちは。
今日は薄曇りですが、気温が上昇しておりムシムシしていますね。
今日は大物(タオルケットやバスタオル5枚)を室内に干してきました。
ヒートポンプ式エアコンの除湿をかけてきたので、帰宅時はカラッとしているはず
今日も安眠、快適生活です。
 
さて、こんな真夏ですが、家づくりの計画をする我々は真冬のこと考えながらプランを作ります。
そこで、タカヤマホームがおすすめするシート式床暖のお話をします。
弊社の暖房計画では様々なご要望に応じてご相談に応じておりますが、メリット・デメリットをお伝えしながら快適性や安全性、経済性などトータルでお話させていただいております。
 
 
その中で補助暖房としておすすめしているのがシート式床暖房です。補助というのはこのシート式の長所でもあります。
なぜなら「キッチンの足元だけ」、「脱衣室だけ」と小さいスペースごとに設置し温度のコントロールができるからです。
床材のすぐ下に0.4ミリの電気シートを貼るだけなので工事も簡単です。リフォームでもLDKだけであれば2日いただければ完了します。最近ではリビングの一角にPCスペースを設置することもありますが足元に施工していただくとお部屋の隅でも柔らかい輻射熱で身体を温めてくれます。
 
 
キチンをリフォームした方の約70%が「生活がより健康的になった」と回答しているとの記事を読みました。
キッチンは長時間の立ち仕事をする場所でもありますよね。冬、換気扇をつけながらの調理は寒く、特に朝はキッチンに立つのが億劫になりますよね。ここに床暖房があれば足元から温めてくれるので、朝食やお弁当を作るのも快適で楽しくなるはずです。
 
最近、女性ばかりでなく男性も平熱が低い方が増えているとか。冷えは万病の元。
キッチンの主導権を握る女性に優しい床暖房を、ご家族皆様の健康の第一歩としておすすめします。
 
今回の完成見学会のおうちにもシート式床暖を導入されております。
体験されたお客様は我が家にもぜひ採用したいと注文をいただいております。
今後、9月、10月、11月完成予定の新築も導入していきます
 
八戸で施工しているのはタカヤマホームだけです。まずはご相談を。
事務所に体感スペースありますので遊びに来てください
 
 
     
        instagram 「#タカヤマホーム」も覗いてみてね
 

いい家(FPの家を含め)をおススめする役割

2017-07-21
こんにちは。
 
昨日は盛岡市へ北東北3県の他、宮城・山形・茨城・愛知からもFP会員の仲間たちが集まって勉強会をしてきました。
 
私が家づくりに携わることになって3年目になりますが、「FPの家」=「高いでしょ」と、お言葉をいただきます。
 
このため初めにお客様とご予算のお話をするとおススメしにくくなるのですが、良いものを作る技術や知識や仲間がいるのになんか変。と最近ふと気づきはじめました。FPの家のすごさをちら(「FPの家」の優れた性能が解かる!おすすめ動画3選からご覧になれます。
 
せっかく、お客様も家づくりという人生における一大イベントです。説明を聞くだけなら損はしないはずですよね。というか絶対お得なんです。なぜなら、今後の家づくりをどの会社でしていくにせよ知っておいた方がいい内容だからです。
簡単に言い換えると、「失敗したくないなら、まず聞いた方がいいですよ!」ということになります。
 
タカヤマホームは「FPの家」だけを取り扱っているわけではありませんので、ご予算のご相談をしながら性能の良い他の工法でのご提案もいたします。
 
さて、「高いでしょ」とか「結構かかるんですね~」と話される中には丁寧に説明を聞いていただいた上で、納得していただける客様もたくさんいらっしゃいます。建築基準法は家を建てる上での最低限の法律ですが、タカヤマホームの建物はすべて長期優良住宅仕様となっておりますので、耐震等級は2以上(最高の3もとれますが間取りに制限がかかる場合があります)、断熱性に関しては省エネルギー対策等級4(八戸エリア)を軽くクリアしています。
 
 
 
初期投資を安くして、光熱費のランニングコスト&10年~15年おきの外装のメンテナンス費用でまるまるお金をかけるのか、
初期投資は少し高いけど、住宅ローンを払い終わるころのお財布の出入りはむしろ安く済むのとどちらがいいですか?
そこはお客様が選択するところです。
 
ただ、外装のメンテナンスは子育てに一番お金がかかる時期です。
 
だったら安い金利でその分も住宅ローンに組み入れて仕様を上げたほうがお得&安心ですよね。
タカヤマホームは「良い家をちゃんとメンテナンスしやすいように考え、住宅ローンが終わる30年を超えても資産価値がある住まい」をおすすめしているのです。
 
 
 
今日は来週末に開催する完成見学会のご案内をフリーペーパーの「プリュス」に掲載発行された日です。
皆さん、ご覧になりましたか?
 
「casa de olive」を八戸にも広めていきたい!一緒にワクワク、キュンキュンした家づくりのお手伝いをしたいと思います。
わたしの好きを織り交ぜた、世界で一つだけのカッコよくてカワイイ「SWEET HOUSE」を目指します。
 
ご希望の時間帯は多くても二組までしかご入場できません。ご予約とお問い合わせのお電話は夕方の時点で数件入ってきております。
 
お早めにご予約下さい。
 
(弊社は健全な営業をしております。しつこい勧誘はいたしませんので安心してください。)
 
     
        instagram 「#タカヤマホーム」も覗いてみてね
 
1
7
7
7
0
3

タカヤマホーム株式会社

青森県八戸市大字新井田字

八幡川原1-1
TEL.0178-25-0655
FAX.0178-25-1509
-----------------------------
1.新築
2.
リフォーム
3.外構工事
4.火災保険代理店
-----------------------------
●一般建設業許可
・青森県知事許可
(般-8)第8492号
種類:土木工事業、建
築工事業、大工工事業
●建築士事務所登録  
青森県知事登第 543号
種別:二級建士事務所

名称:リッツ建築オフィス
●住宅瑕疵担保責任保険届出事業者

㈱ハウスジーメンMB2008000550
㈶住宅保証機構21020591
-----------------------------

TOPへ戻る